インフォメーション

2022-04-15 18:07:00

繊維豆知識をリニューアルしています。


伊豆のお針子無生庵のホームページのコンテンツ「繊維豆知識」を少しずつ手入れをしております。
オンラインショップのブログ記事と連携させました。
導入部はオンラインショップのブログから始まり、途中よりホームページのコンテンツにりんくしています。
名称は「日本の繊維豆知識」としています。伝統の織物のことを少しでも知っていただければ幸いに思います。

伊豆のお針子無生庵

2022-03-30 15:05:00

オンラインショップ・その他のお知らせ。

 

伊豆のお針子無生庵のオンラインショップがスタートしました。
トップ画面のバナーをクリックするか、左側のコンテンツ「オンラインショップ」をご選択のうえ、表示された画面上のURLをクリックしてショップへお立ち寄りくださいませ。

ホームページの中でブログを始めました。「庵主のつぶやき」というページです。

箱根は今年雪が良く降りました。そのため、例年より桜が遅いようです。四月に入らないと宮城野早川沿いの桜も見ごろにはちょっと早いようです。小田原城は今満開のようです。小田原から花見を始めましょう。

2022-01-01 16:30:00

2022年 元旦


謹賀新年
2022年が皆様にとって良き一年でありますようお祈り申し上げます。

IMG_20220101_064858544.jpg

IMG_20220101_080337243.jpg

IMG_20220101_085833333.jpg

IMG_20220101_083946079.jpg

20151015IMG_0001.JPG





2ロゴマーク.png



2021-12-31 09:40:00

2021年最後のメッセージ

今年もあとわずかとなりました。
皆様、引き続きのコロナ禍での年越しとなりましたがいかがお過ごしですか。
次から次へと新しいコロナウィルスの㈱が現れ、世界中を苦しませているのですが、どうぞ負けないで今こそ心豊かに生き抜く智慧を育んでまいりましょう。

私事ですが、家人の介護に専念する日々だったため、「伊豆のお針子無生庵」のしごとを暫く休ませていただきましたが、とても悲しく残念なことですが今年の秋に天国に召されました。2021年は忘れられない愛する人との別れの年となってしまいましたが、気持ちを新たに来年より再開することにいたしました。

今少しずつ準備をしております。ホームページのネットショップのページをオフにしておりましたが、今後リニューアルして復活させる予定でおります。アトリエも箱根に移しておりますので、箱根での新たな販路計画も検討中でございます。

そんな中で再開にあたりとても良いお話がありました。
㈱講談社ビーシー様の「大人の週末」のweb版リニューアル記念にあたり、特別読者プレゼントとして「伊豆のお針子無生庵」のブックカバーと栞がその商品として採用されました。来年1月15日発売の読者プレゼントのコーナーをどうぞご覧になってくださいませ。
 「大人の週末」はとても評判の良い」グルメたちに人気の月刊誌ですが、おいしい料理の紹介にとどまらず、旅、物などとてもきれいな写真とともに紹介されています。webと活字の雑誌、が発行されていて、その中のweb版リニューアル記念の特別企画総額100万円のポイントプレゼントと合わせての企画で注目度大であり大変ありがたく光栄なことと受け止めております。寅年は幸先の良いスタートとなりますが、皆様今後もどうぞ「伊豆のお針子無生庵」のブックカバー・手帳カバーをよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

どうぞ楽しいお正月をお過ごしくださいませ。


2ロゴマーク.png

2021-05-18 02:18:00

近況報告

 またしばらく更新するまで時がかかりました。
この間、問い合わせが何件かありました。無精者の私に熱心にお問い合わせくださり、ありがたく思います。長いコロナ禍で、生活者の事情も心情も変化しているのですね。今まで紙の本をページをめくりながら読むことをしなかった若者が、コロナ禍にあってこのような所作に関心を寄せ読書習慣が身に付き始めているというお話をいくつか伺いました。音楽もレコードに針を落として、雑音などにノスタルジーを感じて聴くという行為が復活しているのだそうです。
至極人としてあたりまえのことなのですが、しばし時代が急ぎすぎプロセスより結果ばかりを評価するきらいがあったように思うのです。人として大切なことはプロセスを楽しむことなのではないでしょうか。何事も万事塞翁が馬といいますが、このコロナの時代がもたらす人々の変化、暮らしとそこから生まれる文化が人々の心に何かをといかけているようにわたくしはおもいます。人として今取り戻さなければならないこと、気づかなければもう取り返しがつかなくなること、を教えてくれているように考えるのです。言ってしまえば「社会や人々への警鐘」かもしれません。この事はやがてコロナを振り返ったとき解ることなのかもしれません。
 手間暇をかけるプロセスを楽しめる心のありようは人を育てることにつながると私は思っています。きっと紙の本やLPレコードに心を寄せ始めた若者はこの楽しみに気づいてくれたのでしょうね。
 近況を綴ろうとパソコンに向かいました。私は家人の介護に専念しております。命を守ることが何よりの優先順位第一義ですものね。まだまだ余裕はありません。しかしいただいたお問い合わせを励みに今後の制作のことを考えております。ライフワークは何があっても続けてまいります。ステイホームで太りました。減量しようと思います。多分今年いっぱいはこの状況がつづくのでしょうね。何か人として忘れかけている大切なことなど再考してみるにはとても有意義な時間かもしれません。
 今年は梅雨が早くやってくるそうです。今日も東京中心のニュースでは蒸し暑いとか。箱根は少々肌寒いというところです。梅雨寒のような天候でした。時々暖房を入れました。やはり山の中なのですね。また徒然に近況報告をいたします。ごきげんよう。

   

 

1 2