メッセージ


作り手からのお知らせ
伊豆のお針子 無生庵ではこの度新しい趣で手縫い作家ならではのこじんまりとしたショップ機能を設け再スタートいたします。
 私は「作り手」としての立場から、一点、一点手縫い手創りで仕上げた作品を、「使い手」である皆様にどのように提案し提供して参ろうかとしばらくの間思案いたしました。IT社会となって久しい昨今、その急激な普及による功罪も少しずつ認識されはじめているようです。そこで私はすべての工程を手縫いで仕上げた作り手の立場からいえば【作品】を、日常に使われる[用]の存在である文房具の範疇に属す【商品】として使い手の皆様にお届けする手法を熟慮いたしました。その熟慮の点はほかならぬネットショップの象徴的存在である【カート】の設置についてでした。と申しますのは創り手も使い手も゛こだわり゛を共有する同志です。少なくともお気に入りの一品を創り出したり探し出したりするとき、フェイスtoフェイスを重んじるだろうと・・・。
 時代はとても速いスピードで変化して参りますが、人の心や魂は何時の時代も変わるものではありません。最終的にはハートtoハートを求めるものだと思います。とはいえ一度手にした便利な時代が産み出したネットの世界。使わぬ手もありません。ということから私はフェイスtoフェイスの延長線上にあるボイスtoボイスあるいはメールtoメールを原則として取り入れ、いわゆる【カートの機能=オンラインショップ】という認識の枠から離れた手法を採用する結論にいたりました。
 商品の 数も少なく充分前述の手法にて対応できます。おそらくこのことが面倒と感じる方は私の作品に関心を持たれないでしょ
う。どうぞ【伊豆のお針子無生庵】のオンラインショップの販売手法を御理解くださいますよう宜しくお願い申しあけます。

消費税について・・・当方はすべての制作工程を一人の作家が手掛けているため量産することがでせきません。したがってご購入者から消費税を頂戴する事業にはいたりませんのでこのことも、自動的に消費税<内税、外税>が加算されるカート機能を設置しない理由となっておりますことをご承知おきください。どうぞ創り手のアナログな想いがデジタルなインターネットを通して間口が広がり出逢いの機会が増し、オリジナルブックカバー、手帳カバーというひとつのツールからネット上でハートtoハートの温かい繋がりが産まれますよう心より祈りつつ、使い手である皆様へのメッセージとさせていただきます。

 クラフト作家 高橋洋美